脊柱管狭窄症について

脊柱管狭窄症について

軽度の場合は、動かしたときに痛みを伴う程度でそこまで生活に支障はありません。しかし、重度のものになると座っているだけで、あるいは寝ている時にも痛みが生じるケースがあり、睡眠が浅くなる可能性があります。

脊柱管狭窄症の症状

脊柱管狭窄症は脊椎の変形や椎間板の腫れによって脊柱管が狭くなることで痛みを感じます。高齢者に多いと言われていますが、激しいスポーツを行っていると若い時期に発症する可能性も高くなります。

重いものを持ったり、フィジカルコンタクトなどがあるスポーツをやると腰へのダメージは大きくなり、脊柱管狭窄症になるリスクも上昇します。

脊柱管狭窄症の原因

原因は主に加齢と言われていますが、日々の生活習慣や食生活の乱れがきっかけになっていることが多く、老化の影響だけではありません。

毎日好きなものばかり食べて家でゴロゴロしている人が健康であるはずがありません。年齢を重ねると筋肉は衰えて、脂肪は増えやすくなります。増えた脂肪は関節に重くのしかかり、やがて関節は悲鳴を上げてしまいます。

耐え切れなくなった関節への負荷は軟骨などにも大きなダメージを与えて炎症を引き起こします。そうなるといつ脊柱管狭窄症になってもおかしくありません。

脊柱管狭窄症でお悩みの方は当院にお任せください

当院ではカウンセリングの際、必要に応じて動作チェックなどを行い、痛む箇所と痛みの原因を把握いたします。これまでの施術実績から精度の高い診断と治療を提供し、患者様の痛みを改善していきます。どこに行っても改善されなかったという方も、福生東町接骨院にご相談ください。

ご予約・お問い合わせ

つらい身体の痛みや不調でお悩みなら
お電話かWEBフォームよりご連絡下さい。

福生東町接骨院

へのご予約・お問い合わせ